あなたは英語の勉強で以下のような悩みがおありですか?

 

意気込んで新しい英会話テキストを買っても長続きしない。

英語を覚えるにはセンスが必要で、私にはそれがない。

英語を勉強したいけど、もう歳だから難しいのではないか。

単語や文法を覚えるのが苦痛でしょうがない。

英会話学校の値段が高くて支払えない。

そもそも会話の最初の一言はなんていえばいいのかすらわからない。

リスニング能力が一向に上達しない

 

       ここに挙げさせていただいた例はほんの一部です。

       英会話を一生懸命勉強したいという高い志があっても、

       なかなか上達は難しいものですね。

 

       単語帳とにらめっこで暗記するのは本当に苦痛です。

 

       日本で売っているテキストを買っても退屈すぎて苦痛です。

 

       そして途中で投げ出してしまう、、、

 

       これはあなたに英語のセンスがないから、なのでしょうか?

 

 

       いや、私はそうではないと断言します。

 

       問題はあなた自身ではなく、勉強法が間違っていた のです。

 

 

 

私も同じ悩みを持っていました

       雑誌TIMEを講読しても、毎回送られてくる号の1ページも読めずじまい。

       最終的には触りもせずに、バックナンバーが部屋に山積み。

 

       TOEICの勉強をするも、単語と文法の勉強が苦痛で仕方なく、まったく点数は伸びず。。。

 

       英会話学校に高い金を払って申し込んでも途中で挫折。

 

       英会話学校の先生を前にすると緊張しっぱなしで口から言葉が出てこない。。。

 

       教材だけはたくさん購入するも、1冊もやり遂げたことがない。。。

 

       映画を観てもちんぷんかんぷん

 

       ですから私はあなたの悩みが痛いほどわかるのです。

 

       当たり前のことですが、私も最初はほとんど英語初心者だったのです。

 

       「ほとんど」とつけた理由は後で詳しく述べさせていただきますが、

 

       実は幼少期に3年ほどアメリカで家族と共に住んでいました。

 

       でも子供のときに身につけた英語なんて、日本に帰ってきたら半年で完全に忘れてしまうものです。

 

       そして、普通の日本人に戻った私は

 

       「いつか英語をしゃべれるようになりたい」

 

       という夢を持っていました。

 

       でも、日本で仕事をしながら英語を勉強するのはとても大変なことです。

 

       そして、日本で普通にサラリーマンをやりながら、

 

       死に物狂いで英語を勉強し、

 

       28歳で留学を決意して、

 

       13年間アメリカに住んでるいまだからこそわかることもあります。

 

 

       私は英語を上達させる最大のモチベーション、

       それは、

 

      英語で相手と通じ合うことができたとき

 

       これほど喜びを感じる瞬間はありません。

 

       単語を覚えられても、何も感動しません。

 

       文法を覚えられても、何も感動しません。

 

       TIMEを一冊読み終えたとしても、疲れがたまるだけでしょう。

 

       英語で相手と通じ合う

 

       これこそが英語を学ぶ最大の理由です。

 

 

       英語を話せるようになって私の人生は大きく変わりました。

 

       世界各国に友達ができました。

 

       異国の文化を互いに理解しあい、共に笑う。

 

       ときにはケンカをし、さらに理解を深め合う。

 

       海外で学び、働き、生活をする。

 

       私が学生の頃に思い描いていた夢が今現実のものとなっています。

 

 

       これもひとえに私が英語を学んだからです。

 

       試験で高得点を取るための英語ではなく、理解しあうための英語。

 

       理解しあえて、自分を幸せにしてくれる英語。

 

       試験で高得点を取れてもただの自己満足と自慢にしかなりません。

 

       世界中の人と知り合い理解しあい、幸せになれる英語を学ぶべき。

 

       私は強くそう信じています。

 

       しかし、日本ではTOEICや英検のための英語ばかり。

 

       ほとんどの教材もその視点で作成されています。

 

       「いい教材がないな、、、」そんなことずっと思っていました。

 

       そしてふとある日、「なければ僕が作ればいい」そう思ったのです。

 

 

       そこで、私は

 

英語を話すようになれる。

それだけに主眼を置いた教材を作りました。

 

以下が教材のコンセプトです。

 

初心者を対象とした英語力0からのビルドアップ。

しゃべることに特化し、スピーキングとリスニングの両方強化。

理解不能な文法学習、単語の暗記は一切なし

ネイティブのスピードを思う存分体験できる

英語でのコミュニケーションの基礎をマスター

シチュエーション別の決まり文句で会話スピードを格段にアップ

「最初の一言はどういえばいいのか?」というところから解説

 

       本教材は、PDFのダウンロード版のテキストと、音声ファイルで構成されています。

 

       本教材は基礎編、応用編、上級編の3部構成になっています。

 

 

       基礎編では

       実践の英会話に取り組む前の準備を
       十分すぎるぐらいにやっていきます。

 

       まずは英語に対する苦手意識をなくして

       発音の練習から

 

       シチュエーション別にどのような言葉を言うべきなのか

       短くて簡単で一般的な表現をマスターしてもらいます。

 

       もちろんすべてネイティブの発音ファイルつきです

 

       「そろそろ帰ります」と言いたいときは?

 

       あいまいな表現で回答したいときは?

 

       相手の意見に反対意見を述べるときのフレーズは?

 

       最初の出だしの一言目はどういえばいいの?

 

       聞きなおしたいときはどういえばいいの?

 

       こんな質問に対する答えがすべて詰まっています。

 

 

       応用編では

       日本人とアメリカ人ネイティブスピーカーとの会話
       豊富に取り揃えています。

 

       これを聞いていただくと、日本人の口数は、アメリカ人の口数よりも圧倒的に少ないですが、
       ちゃんとコミュニケーションが取れていることがわかります。

 

       これがとっても大事になります。

       いままで基礎編で学んだ決まり文句を思い出して実践でどのように活用するかを
       こちらの応用編ではご紹介いたします。

       いろいろな場面での必須のキーフレーズをもとに構成された
       英会話例を聞きながら、シチュエーション別の英会話に磨きをかけていきましょう。

 

 

       緊張しないですらすらと言える自己紹介の方法
       ファーストフードでの注文の仕方、「持ち帰りです」はなんというのか?
       レストランでの対応
       ホテルへのチェックインとルームサービスを頼むときはなんというのか?
       道を教えるときのコツ
       スーパーでの買い物
       事務的な電話の対応、最初になんというべきか、「○○さんをお願いします」って
       どう言えばいいのか?
       初対面での会話
       友達との軽い会話

       といった会話例が収録されています。

 

 

 

       上級編では

       さらにレベルの高い会話を用意しています。

       

       臨機応変の対応の仕方

       緊急事態や恋愛のもつれ、ケンカなど

       臨場感あふれる会話をマスターしていただきます。

 

       そしてアメリカのラジオを聴くような感覚で、

       私とサラのディスカッションをリスニングして、

       ネイティブのスピードに慣れていただきます

 

 

       単語レベル、文法知識がほぼなくても、0からはじめて、

       あなたの努力次第でどこまでも英語力を延ばしていただくために

       この教材を「0からはじめる英会話アンリミテッド」という名前にしました。

 

 

こちらが教材の中身になります。

 

       すこしサンプルをお見せいたします。下の音声ボタンをクリックしてください

 

       たとえば、発音の練習をするレッスンでは、このような音声が流れます。

       このサンプルは、「歩く」という意味のwalkと、「働く」という意味のworkの発音の違いを

       聞き取る練習ができるようになっています。

 

 

 

       次に必須フレーズのサンプルです。下の音声ボタンをクリックしてください

 

       聞き取れましたでしょうか?

       "It's getting late. I better get going" (夜遅くなってきてます。そろそろ行かないと)

       "I'm gonna have to run, but..." (そろそろ行かないと行けないんだけど。。)

       "I'm leaving" (行きます)

       "I'm out of here" (ここから出て行きます)

       ここでとりあげたサンプルレッスンでは、「そろそろ行きます」という意味の言い方を

       いくつもご紹介しています。

       パーティや会合で、先に失礼するときに、とても便利な言い方です。

       本教材で取り上げているフレーズはすべてネイティブが使用している便利な言い方になっています。

 

 

 

       最後にディスカッションです。下の音声ボタンをクリックしてください

 

       聞き取れましたでしょうか?

       ディスカッションでは、必須フレーズの解説をネイティブの先生にしてもらっています。

       サンプルでは、「驚き」をあらわす表現として、Holy cow!、Holy macro!、という表現を
       ご紹介しています。

       ディスカッションでは、それぞれどのようなときに、どういうニュアンスで使うのかを
       解説してもらっています。

       ここでは英語だけのディスカッションですが、本教材中には私が日本語でも解説していますので

       聞き取れなくても大丈夫です。

 

 

 

 

       支払いはクレジットカード、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、BitCashで受け付けております。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちがこの教材を作りました。

 

       はじめまして、シンペイと申します。

 

       「アステカ」というニックネームで

       「必殺!英語の勉強法」という英語学習ブログも書いています。

 

       無料レポートも何本か書いており、

       メルぞうの語学部門では1位になっています。

 

       この教材を作成している2013年9月時点でアメリカ在住14年目を迎えました。

       日本でサラリーマンをしていた頃は、

 

       「アメリカに留学しよう。
       そしてビジネスを学んで、
       できれば卒業後もアメリカに残って
       仕事がしてみたい。」

       という夢を持っていました。

 

       その当時は途方もない夢のように思えました。

 

       しかしとてもラッキーなことに、
       仕事の合間を縫って勉強して出願したアメリカの大学院から
       合格通知が届いたのです。

 

       それから会社を辞めて、渡米し、さまざまな経験をすることができました。

 

       言葉がわからない!

       文化がわからない!

       電車の乗り方がわからない!

       道がわからない!

       ルームメイトにいじめられる!

       授業についていけない!

       旅先で車が壊れる!

 

       世界中に友達ができた!

 

       、、、、、、

 

       でもどれも貴重な体験だなって思います。

 

       そして無事に学校を卒業し、今はアメリカの企業に勤めています。

 

       つらいことも一杯ありました。
       悔しいこともたくさん経験しました。

       でも今、あの頃の夢を実現して、アメリカで何年も仕事をして
       生きてきた自分がいます。


       やっぱり諦めないでよかった!


       それが素直な感想ですね。

 

       あなたもいろいろ夢があると思います。

       私は英語という武器を手に入れることによって
       世界が広がり、
       夢を現実のものにすることができました。


       このたびは、これまでの経験を活かして

       「0からはじめる英会話アンリミテッド」

       という教材を作りました。

 

       いままでの私の英語学習法を凝縮した教材になっています。

 

       そして、今回は、ネイティブスピーカーを助っ人として
       迎えました。

 

       アメリカでジャーナリストをしているサラマリア=ゴメスさんです。

 

       まずは彼女の自己紹介の一部を聞いてみてください。

       下の音声ボタンをクリックしてください。



 

          My name is Sarahmaria Gomez and I am the voice you will hear speaking English

            through out this book.


          I would like to tell you a little bit more about myself

                       so that you can know more about a person behind the voice.

 

          I am a full-time lecturer at a private university in the United States. lism,

          which means I specialize in audio, video and photography storytelling.


          When I was asked to participate in this project I thought it was a perfect fit.


          Journalists live to tell stories and always work to communicate those stories in

          clear, clean and clever ways.


          It’s the same way I suggest people learn to speak English.

 

 


 

 

          訳)
          私の名前はサラマリア=ゴメスです。そして私がこの教材の英語の音声を担当しています。


          私自身のことについて少し放してみたいと思います。

          そうすればあなたも音声の裏にある人物像をもっと知ることができるはずです。


          私はアメリカ合衆国の私立大学の講師をしています。


          私はマルチメディアジャーナリズムの学位を持っていて、

          そのことは私がオーディオ、ビデオ、フォトグラフィーのストーリーテリングを専門としていることを
          意味します。


          私がこの教材作成への参加を要請されたとき、これはぴったりな仕事だと思いました。


          ジャーナリズムはストーリーを伝えることを生業とし、

          いつも鮮明で、美しく、賢明な方法でストーリーを伝達することを心がけています。


          これは私が英語を話すことを勉強している人たちに薦めている方法と同じなのです。

 


 

       

       教材にはサラの自己紹介が音声と共にすべて掲載されています。

 

 

 

ご購入対象者

 

       私はこの教材を、以下のような目標をお持ちの方々に実践していただきたいと思っています。

 

       英語を聴けるようになりたい。

       英語を話せるようになりたい。
       英語で話しかけられたら英語で受け答えしたい。
       海外旅行で英語ができなくて悔しい思いをした。 
       海外旅行をもっと楽しみたい。
       外国人の友人を作りたい。
 
       こんなすばらしい夢をあなたは持っているのに、 
       「センスがない人はどんなに努力しても無理」とか「子供の頃からやってないと無理」 、
       と、世の中の誰かが言っていた、というだけでチャレンジもろくにせずに諦めてしまうのは 
       もったいないと思います。

 

       同様に「暗記が苦痛」という理由で英語の勉強を諦めるのももったいないと思います。

       なぜなら英語をしゃべるのに、暗記など必要ないからです。

 

       それは、あなたが日本語をしゃべるのに暗記を必要としていないのと

       同じ理屈です。
 

 

 

 

 

 

       支払いはクレジットカード、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、BitCashで受け付けております。

 

 


 

 

 

 

 

支払いは1回のみですか?

本教材を購入するための19800円のみです。

その後は無料アップデート、無料サポートとなります。

バージョンアップはありますか?

無料でバージョンアップ版をダウンロードできるように購入者メールで通知いたします。

サポート体制はどうなっていますか?

本教材をご購入いただいた皆様へ、最大限のサポートをさせていただいております。

サポートは無料かつ無期限を実施しております。

教材をパソコンで開くところから英語の質問まで幅広くお受けいたします。

初心者でもできますか?

本教材は英会話初心者の方々を対象としております。ただし、I, my, me の区別や複数形など、中学1年生レベルの英語の基礎はこの教材を始められる前に復習しておいていただくとスムーズです。

この教材を使って英会話をマスターするのにどのくらいの期間が必要ですか。

この教材はじっくりと取り組んで3ヶ月~6ヶ月を要します。その間にあなたの英語力は格段に上がります。さらに、ひととおり終えたら、その後も継続的に英語力をメンテナンス、強化する必要がありますので繰り返し教材を使って下さい。

パソコンの動作環境を教えてください。

インターネットへのアクセスとAdobe readerなどのPDFファイルを読めるソフト、音声ファイル.wavを再生するソフトが必要となります。